社長ブログ

2度目の定年

2020/2/24 (月)

   厳しい国際競争に晒される現在では、会社の屋代骨を

支えてきた中間管理者層の中に、辛い目に会ってしまう人も

出て来ているようです。


  某大学教授が、次のように指摘しています、

「現行の雇用制度になったことで、大企業の社員は“終盤戦”で

3回の定年ショックを受けることになってしまった。

最初のショックが、50~55歳前後の役職定年。

2度目が、60歳の定年。

そして最後が、65歳の2度目の定年。


  然し、65歳を待たず、心が折れてしまう人も少なくない。

頭では分っていても、いざ“会社が自分を必要とはしていない”

という現実を突きつけられると、今までの会社人生を否定

されたように感じ、それを受け入れることができないからだ」と………。