社長ブログ

「30代の老害」

2019/6/ 1 (土)

  昔から「老害」といえば、会社のオーナー社長

のような「死ぬまで権力を手放しそうにないジイサン」

のことを言っていました。


  そして「職場の老害」といえば、「時代遅れの

価値観を若い世代に押しつけてくるオジサン」のこと

だったように思います。

しかし、それが最近、日本の職場のあちこちで

「30代にして早くも老害!」的な社員が激増して

いるようです。


    「何でも反対」がこの老害の特徴の一つだそうですが、

「何でも反対」は、政治の世界だけではなく、

サラリーマンの世界にも出て来ているのですね。