社長ブログ

苦い酒

2015/1/13 (火)

  新年が始まりました。

暫しの休憩が終わり、また、サラリーマンは

厳しい出世競争をはじめることでしょう。

 こんな俳句があります。

「秋鯖や上司罵るために酔ふ」

今も昔も、サラリーマンが飲む酒の目的は、

大半が会社や上司に対する不満を吐き出すため

なのです。その憂さをはらすためにビールでも

焼酎でも熱燗でもなんでも飲みます。

そして、散々に悪口を言って気を晴らします。

   同僚が昇進したと聞かされたときは、

更に酒が進み、悪口にも心がこもります。

散々に飲んで朦朧(もうろう)とした頭に、

フッと奥さんや子供の顔が浮び、一瞬ハッと

するものの、頭を振って、また苦い酒を一気

に口に流し込むのです。

私もサラリーマンの時代によく飲んだものでした。