社長ブログ

励ましの言葉

2015/1/14 (水)

私にも若い頃には、辛い時代がありました。

そしてそんなときにかけて頂いた励ましの言葉は、

心に染みて今でも時々思い出します。

  私が、社会人新人として働き始めたとき、

新しい仕事に馴染めず辛い毎日を過ごしてい

ましたが、そんな私をじっと見ていてくれた上司が

いました。

  そしてある日、その上司がかけてくれた言葉を

思い出します。これには随分と気が楽になり

、励まされました。

  “無理ならやるな。辛かったら逃げろ。力が出ないなら

中途半端でやりすごせ。どうしても筋を通せないなら、

裏切ればいい。それで周囲が困るほど、実は君への

期待値は高くない。そうこうするうちに、すべては解決に

向かう。そんなものだよ、人生は“。


 この言葉のおかげで、何とかサラリーマンを続けられ、

今があると思っています。