社長ブログ

「好事魔多し」

2015/1/16 (金)

  最近、政界や芸能界で威勢を振るって

いた人たちが、金や薬(大麻等の危険物)の

問題を起して、転落して行った例が後を絶ちません。

  聖人君子ではない私たちが転落人生と無縁で

あるはずはないのかもしれません。

だから、「人は誰しもその人生の行く手には、明日か

来月かそれとも来年かに落ちてしまうかもしれない

落し穴が待っている」と喝破する先達もいます。

  「好事魔多し」とも言います。

これは、順風満帆なときこそ人生の落し穴に落ちて

しまうことが多いことへの警句です。人は順調なときは、

これからも順調に行くだろうと思い込みがちです。

だから、「順調なときこそ落し穴には注意すべき」という

古くからの教えなのでしょう。

  そう考えると人生というのは実に恐ろしいもので、

蜘蛛の糸一本でかろうじて吊り下がっているの

かもしれません。