社長ブログ

段階の世代

2015/1/21 (水)

  最近ドンドンと定年退職で職場を去っている

オジサン達がいます。

社会では、彼らを十把一絡げに「団塊の世代」と

呼んでいますが、彼らの本音は、塊(かたまり)として

見られることに腹を起てているのです。

  この世代は、「教養もあり、金もあって、自分自身に

自信も持っています」。

だから、十把一絡げではなく、「俺に相応しい」とか

「私に相応しい」多様な生活スタイルを望んでいます。

それ故「団塊の世代」と塊(かたまり)で取り扱うのではなく、

俺(私)を特別の個として扱えと主張しているようです。

  もっとも、私は別にそんな主張をせず、何事も世間並み

でいいと思っていますが・・・・