社長ブログ

「昔の成功体験を忘れられない」

2015/1/26 (月)

  日本の多くの企業は、デフレ地獄から

抜け出せない中で「昔の成功体験を忘れられず」、

抜本的な企業体質の改革を行えていないと言われます。

   「昔の成功体験を忘れられない」という現象は、

サラリーマンの定年後人生でも起こります。仕事や

会社中心の人生を送ってきた人ほど、定年後をどの

ように過ごすかが大きな課題となります。

   会社や組織を背負って来た人ほど、ひとりの個人

として生きていくことに戸惑いが出るようです。

例えば、定年後の「肩書き」です。「よくある」と

言われているのが、定年後の一寸した集会でも

“私は、元○○会社の○○部長をやっていました”と

自己紹介する例です。

  どうしても現役時代の栄光が忘れられないことと

「定年後の自分の肩書き」をきちんと見出せないことから、

こう言ってしまうのでしょう(私のようにサラリーマン時代に

大した肩書きが無かった人は、昔の「肩書き」には余り

執着しないのですが・・・・)。