社長ブログ

定年後の趣味

2015/1/28 (水)


  60歳(サラリーマンの定年)からの平均余命は、

男性が22.8年、女性が28.3年だそうです。

したがって、現在では、定年は「人生80年」の4分の3弱を

経た通過点に過ぎなくなっています。

だから、人生の最終コーナーを気持ち穏やかに過ごし、

“いい人生だった”と満足感に浸ってレースを終れる

ためには、定年後の生活を「いかに健康で、いかに

充実させて」過ごせるかにかかっていると言える

のかもしれません。

  現役時代は、ゴルフに、マージャンにと余暇を

楽しんだ人も、定年後は、「ゴルフは、飛距離が落ち、

面白くないので止めた」、「マージャンは、4人揃わない

ので、この頃はやっていない」と余暇を楽しむ機会が

無くなってしまいます。


 そこで、「何か新しい趣味を見つけなくては・・・」と

一念発起して探します。多くの人は、手頃なところで

カルチャーセンターや大学の聴講生など知的好奇心を

くすぐる趣味の利用を先ず考えるようです。

  でも、暫くすると趣味にも飽いてきて、時間を持て余す

人も少なくないようです。

やはり、何か仕事をした方が性に合うのかも知れません。