社長ブログ

「成功体験」

2015/1/30 (金)

  高度成長期の成功体験がリセットされないまま

日本は、21世紀に突入してしまったようです。

だから、デフレ地獄から抜け出せない中で、

企業の中には「昔の成功体験を忘れられず」

悶々としている経営者も少なくないようです。

  「昔の成功体験を忘れられない」という現象は、

サラリーマン個々の定年後人生でも起こります。

仕事や会社中心の人生を送ってきた人ほど、定年後

をどのように過ごすかが大きな課題となります。

  会社や組織を背負って来た人ほど、ひとりの個人として

生きていくことに戸惑いが出るようです。

例えば、定年後の「肩書き」です。「よくある」と言われて

いるのが、定年後の一寸した集会でも“私は、

元○○会社の○○部長をやっていました”と

自己紹介する例です。

 

  どうしても現役時代の栄光が忘れられないことと

「定年後の自分の肩書き」をきちんと見出せない

ことから、こう言ってしまうのでしょう(私のように

サラリーマン時代に大した肩書きが無かった人は、

昔の「肩書き」には余り執着しないのですが・・・・)。