社長ブログ

「人生の表と裏」

2015/2/12 (木)

  随分昔に読んだ本に、「物事には表と裏がある」

の例えとして次のような言葉がありました。

・「喜びと哀しみはいつも一緒にやってくる」
・「かつては喜びであったことに、今は涙を流している」

   これらは、平易な例えではありますが、「物事には

全て表があれば裏がある」ということを言っているのでしょう。

コインに表と裏があるように、人生にも表と裏があります。

  もっとも私は、華やかな表の人生を余り経験せずに、

専ら裏道をとぼとぼと歩いてきましたので、そんなには

表と裏の実像に差はありません。

そして、“まぁ、俺はこんなもん”といつも思って過ごして

きましたので、境遇の変化にもあまり動じません。

 現役のころ、華やかであった人ほど退職後の境遇の

変化にたじろいでいるようです。