社長ブログ

「紆余屈折」

2015/2/19 (木)


 物事の進行は真っ直ぐに進まず,必ず

紆余曲折があります。

こっちに行こうとしたが,思い直してあっちに

行くことがあるからです。

当初は見えていなかったものの中に、物事が

段々と進むうちにボンヤリと浮かび上がり、

そして段々とハッキリと見えてくるものがある

からです。

  人の考えられる範囲は、その人がそれまで

生きてきた経験とか常識とかいうものに縛られ、

限られてしまいますが、

人の回りの状況はそんなものに縛られず、あるがままに

刻一刻と変化してしまいます。

  人は夜道を、常識という提灯を持って歩いて

いるようなものです。提灯の灯りでは、周りが

ボンヤリして良く見えない事も多いのです。そして

物事を進めてみて、自分が当初思っていた通りに

行かないのは,どうにもならない外部要素の変化が

絡んでいることに気が付く場合も少なくありません。

そんなときは、外部の変化に合わせて自分の方が

変わらなければそれ以上は進めません。

  だから,物事を進めるほどに、人は時折紆余曲折

せざるを得ないのです。