社長ブログ

「団塊の世代」

2015/2/25 (水)

  昭和22年から24年生まれのいわゆる

団塊の世代は、昨年をもって目出度く全員が

65歳以上の『高齢者』になりました。現役時代は、

『猛烈社員』と言われてガムシャラに働き、日本の

経済成長を支え、同時に消費文化もリードして

きたこの世代。

  過酷な競争社会を生き抜いてきた世代と言っても

よいでしょう。

その人たちが、仕事を終えて家庭や地域に帰って

きたのです。

  この仕事人間に果たして「男の居場所」はあるのでしょうか?

長い時間を会社一筋で過ごしてきた元サラリーマンが、

「会社の他に居場所を作れ」と言われても、そんなに

簡単には作れないのが現実でしょう。

でも、彼等はきっと見つけるでしょう。

何しろ、歴戦を戦ってきた猛者たちですから。