社長ブログ

「老後」

2015/3/ 2 (月)

  「老後」という言葉があります。よく考えてみると、

何とも理解し難い言葉です。

サラリーマンが、定年間近になると話題にする

「老後をどう過ごそうか?」というときの老後は、

定年後のことを言っているようです。


  あるテレビ番組の中で、九十歳半ばをゆうに越えた

お婆さんが、野良仕事に精を出しながら亡夫の

遺族年金や息子から貰うお小遣いを、せっせと貯金

しているので、リポーターが“お婆さん、そんなにお金を

貯めてどうするんですか?”と聞いたら、

“老後の為です”と答えていました。

  世間的には既に十分に「老後」と思われるこの

お婆さんの言う「老後」とは、一体いつのことを言って

いるのでしょうか?

九十歳台後半で、もう十分に老いている人の考える

「老後」とは、やはり働けなくなってから後のことなのかも

しれません。

  働いているうちは、幾つになっても、まだまだ「老後」

ではないのでしょう。