社長ブログ

「男の居場所」

2015/3/12 (木)

  狭いながらも楽しい我が家」、その一国一城

の主になることを夢見て、男性サラリーマンは

一生懸命働いて住宅を購入しているのでしょう。

  その際、多くは自分の書斎や通勤時間の

長さを我慢しても、妻や子供たちの日々の

暮らしやすささを最優先して購入決定しているに

違いないと思います。

  それは、やっと購入出来た狭い我が家の

現状を見れば、一家の主として(もっと広い家を

買えない)自らの経済力に多少の負い目を感じて

いるからなのかもしれません。その負い目があるからこそ、

マイホーム購入段階から、すでに「男の居場所を

確保する」という自らの希望は諦めてしまっている

のかもしれません。

 男の居場所を見つけれのは、昨今は益々

難しくなっているようです。