社長ブログ

「病は気から」

2017/11/ 3 (金)

気が付いたら、今年ももう後2か月となりました。

年が明けると、「私はまた1つ年」をとります。

私ぐらいの年になると、「1つ年をとる」というのは

大きな意味を持って来ます。


  一年生き続けると、身体が一年だけ去年より

古びてきて、一年だけ更にミシミシとガタついて来るからです。

でも、不思議なことにこのガタついて来る身体に宿る

心の方は、一年経とうと二年経とうと、もう余り変わらないのです。


きっと心の方は、もう年をとるのを止めてしまっているのでしょう。

そして、古びてくる身体の中で、一生懸命「まだまだこれから………」

と頑張っているのでしょう。

「病は気から」とはよく言ったもので、気が張り詰めていると身体も

何とか頑張ってついてきてくれるようです。