社長ブログ

「年功序列型賃金」

2017/11/16 (木)

神戸製鉄やエアバッグのタカタなどの不祥事が続き、

「メイド・イン・ジャパン」という高品質を売りにした

ポジティブなイメージが、もはや「終わりの始まり」

になっているのかもしれないとも言われています。

  「日本企業はなぜ手抜きするのか」という原因を

「年功序列型賃金体系」という企業文化に求め、

「社員は長く会社に勤めたいがために社運を左右する

ような重大な問題に目をそらす傾向がある」とアメリカの

識者が喝破しています。

確かに、グローバル競争に突入している現在、「年功序列型

賃金」という制度は、維持が困難になってきているのかもしれません。