社長ブログ

「窓際族」

2017/11/21 (火)

「退職後がたいへんだ」という思いは、中高年サラリーマン

に共通している懸念事項のようです。

でも、実際は、定年前でも中高年になると、もっと大変な目

に遭うこともあります。

   ごく一握りの役員や会社幹部にまで上り詰めつめられる人

を除いて、殆どのサラリーマンは、中高年に達すると間もなく、

自分への会社の評価がそんなに高くないことに気づかされて

しまいます。更に、その内のごく一部は「窓際族」に追いやられる

という悲惨な目に出逢ってしまいます。


  「窓際族」の意味は、その言葉通り窓際(常に日光に照ら

されて余り居心地のよいとは言えない場所)に席を配され、

ろくすっぽ仕事は与えられず、それでも会社から排除される

こともなく、ただ居るだけで正社員としての最低限の対価は

得られる「特別社員(考え方によっては結構恵まれている

かも?………)」と定義する人もいます。