社長ブログ

犬との暮らし

2017/12/13 (水)

  体の都合から、今は犬を飼っていませんが、以前は2代に

わたり、犬を飼っていました。


  犬を飼う期間は、人間にとってはその長い人生の一部分かも

しれません。


でも、ペットの犬は、その一生涯を飼い主と一緒に暮らすことになります。

飼い主と過ごす時間は、犬にとっては彼らの一生涯そのものなのです。


  また、人間にとって犬と過ごす空間は、社会生活の広がりの中の

一部分にすぎません。


でも、犬にとっては毎日過ごす家やベッドが生活空間の全てであり、

朝晩出かける散歩道が、自分の知り得る「外の世界」の全てです。


  いつか私も足の痛みが無くなり、もっと広いペット可のマンションに

引っ越せるときには、生涯の友として犬を飼えたらなぁと思っています。