社長ブログ

ケセラセラ(なるようになる)

2018/2/19 (月)

最近、介護問題が非常に多く取り沙汰されるようになりました。

それだけ「介護」が、誰にでも(自分にも)何れ訪れるであろう人生の

一大事として関心が高まってきているからなのでしょう。


  私も今は元気で一人暮らしをしていますが、ときどきフッと“自分の

介護は誰が…?”と頭に浮かぶことがあります。もう人生を共にした連れ合いは

いませんので、気兼ねなく面倒を見て貰える人はいません。でも、妻を介護し

看取ったことが自信にでもなっているのか、“子供を煩わせるようなことはしたくない”、

“身体の自由が利く内に、立派な老人ホームにでも入ればいいや”と結構気楽に

構えています。

また、大方の人と同じように“ポックリ逝ければなぁ”とも願ってもいます。

  そしてこの問題はいつも頭を振りながら、“今から先のことをあれこれ心配しても

ストレスが溜まるだけだ。先のことは、ケセラセラ(なるようになる)さ”との結論で、

終わりになります