社長ブログ

嫌な上司

2018/2/20 (火)

  長いサラリーマン生活では、嫌な上司の下で、どうしても仕事

をしなければならない「運の悪い」時期にも遭遇してしまいます。

その上司が、能力的に尊敬できないだけならいざしらず、

その性格が「上にはゴマすり、部下には威張り散らす○○ドラマ

にでもよく出てくるような類(たぐい)」の上司の下では、

“もうなんだかこんな会社は辞めようかな“と思ってしまうかもしれません。

   しかし、ここでも、我慢が肝心です。なぜなら、どこの会社に行っても、

こういう類(たぐい)の上司はいるものだからです。転職しても、きっと

同じような運命になる可能性が大きいでしょう。

   だから、上司とそりの合わない不遇な時期を迎えてしまったなら、

その上司の下での担当業務は適当にこなし(但し、手抜きがバレ

ないように)余力を蓄え自己研鑽に励んで自分自身をパワーアップ

しておき、嫌な上司の下から他部門へスカウトされるようなチャンス

を狙うのが賢明でしょう。