社長ブログ

「おもてなし」

2018/3/ 8 (木)

私は、人から「おもてなし」(つまり電車で席を譲られること)

の心遣いをされることが多い年代となりました。

然しそこで感じるのは、仕事を離れたプライベートな場面では、

相手の気持ちを思いやり、それを態度に表せる人は、それほど

多くはないということです。

だから、杖をついて電車に乗り込んでも、席を譲られないことが

少なくありません。

 人への思いやりの気持ちは、「人それぞれ」だし、またそれを

敢えて態度に出すのを憚る人も少なくはないからなのでしょう。

サラリーマン川柳で取り上げられている、

「さりげなく 座席を譲る  おもてなし」

は、実はそう簡単ではないようです。