社長ブログ

「男の居場所」

2018/3/10 (土)


手近な「男の居場所」では、喫茶店があります。

私もよく行く駅前のドトールなどのコーヒーショップでは、

特に午前中はサラリーマンに混じってシニア世代を

アチコチに見かけます。


  「新聞を広げる人、本を読む人、そしてボーっと

何か考え込んでいる人」さまざまな姿を見かけます。

何の準備もしないで定年を迎えてしまった人の

「男の居場所」は、先ずは喫茶店が多いようです。


  そしてもうひとつ、定年後に多くの人が一度は向かう先に、

図書館があります。私もサラリーマン退職後、一時毎日

のように(電車に乗って)通った日比谷の都立図書館では、

昼間の新聞閲覧コーナーはオジサン族が占拠していましたし、

閲覧室では、雑誌を抱えて居眠りするシニアをよく

見かけたものでした。

今も多分同じような光景が繰り広げられていることでしょう。