社長ブログ

母の顔

2018/3/12 (月)

  私は、サラリーマンのころ、中国で通算して8年間の単身赴任をしました。

その当時の中国は、改革開放体制が始まって間もなく、今と違って、

「ものと心」の両方で外国人にとっては、とても生活していくのは大変でした。



  そんなとき、一時帰国して、母のところへ顔を出すと、決まって

“何か困ってないかい?”、“無理しない方がいいよ!”というのが口癖でした。


  そんな母も、もう亡くなってから随分な年月が経ちました。

そして私も、随分、歳をとりました。

でも、私の頭に浮かぶ「母の顔」は、何時になっても“何か困ってないかい?”

と心配そうに尋ねる顔なのです。