社長ブログ

桜を見て思うこと

2018/3/22 (木)

  オフィス傍の桜の花もぽつぽつと咲いてきました。

未だ満開にはほど遠いですが、桜の開花とともに

辺りは華やいできました。


 でもこの花にはなぜか別れのイメージも強いのです。

華やかさが鮮明なほど、絆を紡いできた人との別れの

寂しさが強調されるからでしょうか?


  だれにも別れがたい大切な人がいます。

「さまざまなこと思い出す桜かな」(芭蕉)。

  通勤の道に仰ぎ見る桜並木の花は未だまばらです。

3年前に亡くなった妻の面影をしのびながら、咲き始めた

桜花を眺め、春爛漫と咲き誇る日を待っています。