社長ブログ

酒を飲んでぼやく

2018/4/ 7 (土)

  最近は、酒の飲み相手がいなくなり、一人酒が多くなりましたが、

サラリーマンのときは、よく同僚と飲みに行きました。

そして、飲みながらお互いにぼやきました。


 “浜の真砂(まさご)は尽きるとも、世にぼやきの種はつきまじ”

と誰かが言ってましたが、まさにその通りです。

「腹が立っても、面と向かって文句が言えないとき、自分の中に

不満を溜め込めないため、その相手の悪口を誰かに聞いて

もらって留飲を下げる」のが、ぼやきや愚痴の極意です。


  聞く側が嫌にならないようにときどき面白いことを交えたり、

弱い者ではなく自分より強い者をネタにしたりとそれなりに

作法を尽くせば、世にこんなに楽しくストレスが発散できる方法は

ありません。