社長ブログ

「おもてなし」

2018/4/12 (木)

  サービスともホスピタリティとも違った、日本独特の「おもてなし」。

日本には、この「おもてなし」の心を実証する逸話にはこと欠きません。

  その一つに、1906年創業の能登和倉温泉・加賀屋の

「おもてなし」があります。

サービスに対する姿勢を徹底させることで、宿泊客の満足度を

上げようとしたのが加賀屋の先代だったそうです。

「お客様のためなら富山までだってハイヤーを飛ばし、銘酒を

買いにいかせる。たとえ収支がマイナスになっても、お客様

のためならそれをやる」というのが先代女将の

“精神”だったそうです。

  私も顧客を大事にしますが、赤字になってまで、サービスを

するまでは、とてもとてもできません。