社長ブログ

中高年サラリーマンの嘆き節

2018/4/17 (火)

   現在は、かつての年功型給料体系も崩れつつあるようです。

「若い時は給料抑え目でも、中高年になると“若い時の後払い分”

も含めて給料が上がる」という年功制を信じて、若い時に

「働き分以下の給料」を甘受していた中高年サラリーマンは、や

っと中高年まで勤め上げて、「さぁ、これからは、若い時の分まで

含めて「給料を頂こう」と思った矢先に、「成果型賃金制度」なるも

のが言い出されてしまいました。


   従来の暗黙の了解(「中高年になったら働き分以上の給料が

貰える」)をホゴにされてしまったのです。更に挙句の果てには、

「40歳定年制」などが提唱されてしまい、中高年サラリーマン達の“

俺たちは割を食った世代だ”という「嘆き節」が、あちこちから

聞こえて来るようです。