社長ブログ

暑い夏

2018/7/19 (木)

  私は、毎年暑い夏が来ると、幼い頃、自宅前の焼け野原

(戦争で焼け落ちた工場跡)で、近所の洟垂れ小僧たちと

チャンバラゴッコをしたことをよく思い出します。


  あの頃も、暑かった! 

汗をダラダラ流しながら近所の腕白たちと棒切れを振り回して

遊びました。


当時は、嵐寛寿郎の鞍馬天狗が流行っていた頃で、誰が

鞍馬天狗役をやるかで、何時も揉めていましたが、偶々

鞍馬天狗役を演じたときはバッタバッタと悪者役を切り倒し、

気分爽快、得意満面の笑顔で家に帰ったものでした。


  ここのところ、毎日暑い日が続いているので、昔のことを

思い出しました。