社長ブログ

「最後の言葉」

2018/7/25 (水)

  私の妻が、末期がんで旅たってからもう3年ほど経ちます。

本当に時が経つのは早いものです。

妻が不治の病に倒れ、残り少ない命となったとき、妻は自宅で

逝きたいと言いました。

 私は何の躊躇もなく妻の希望通りに自宅で看護介護して、

私が最後を看取ることとしました。

  夫婦になって43年。長いような短いような時間でした。

旅立つ前のある日、話すことも出来なくなった妻と見つめ合った

ことがあります。

その時、妻の口が微かに震え“ありがとう”と言ったようでした。

きっと、残される私を気遣い、必死の思いで最後の言葉を

伝えたかったのでしょう………。