社長ブログ

晩秋の銀杏並木

2018/10/26 (金)

  晩秋を迎える頃には、自宅から数駅離れた「光が丘公園」の

銀杏並木は黄金色になります。

その街路には銀杏の木が100本以上は立っているでしょうか、

ズラッと並んだその姿は壮観です。


  且つては妻と歩いたその並木を、今は足を気遣い乍ら一人で

ゆっくりと歩きます。

見事に色づいた葉は、その美しさとともになぜか「はかなさ」も感じさせます。

枯れ果ててしまう寸前の黄ばんだ葉の美しさは、ろうそくが消える前に

一瞬輝きを増すように、死にゆくものの最後のきらめきを感じるから

かもしれません。