社長ブログ

「長寿プロジェクト

2018/11/ 6 (火)


2011年にアメリカで発表された「長寿プロジェクト」(1500人を

8年間追跡調査)が、性格と長寿の関連性を報告しています。

幼年期から大人になった後まで一貫して「慎重な努力家」だった人,

つまり真面目な人が最も長寿だったということです。

そして、慎重さに欠けた人が最も短命で,途中で性格が変わった人が

その中間だそうです。


  真面目な人は慎重だから健康を守るために深酒や喫煙を避け,

車に乗ればシートベルトを閉め忘れることがないなどの行動をする可能性が

大きく,そのため死亡リスクが小さくなると考えられるそうです。


私は、結構真面目だからこの説によれば、長生きするかも

しれません。