社長ブログ

「齢を取ると酒量が落ちる?」

2018/12/ 3 (月)

  齢を取るにつれ、身体の面で色々と不都合が出てきます。

最近は、酒量も落ちてきて、酔うのも以前より早くなって、

すぐに眠くなってしまうようにもなりました。

  専門家は「これは年取れば当然のことで、心配いりません」と

力強く言ってくれます。

「人間の臓器は年齢を重ねるにしたがって、徐々に小さく縮んで

行く。肝臓も例外ではありません。アルコールをアセトアルデヒドに

分解する酵素の数も、年とともに減っていくのが普通なのです。

酒を体内で処理する能力が落ちて行くのだから、若いころの

ように飲めなくなるのは当然」だそうです。

  とはいっても、自分自身はそんなに齢を取ったとは思っていない

ので、今年も忘年会に頑張ろうと思っています。