社長ブログ

「男のロマン

2018/12/ 8 (土)

厚生労働省のデータによると、1990年に約2万件であった中高年

(50歳以上)の年間離婚件数は、2000年までの10年間で約2.5倍の

5万7000件に急増し、2010年には約6万2000件まで増加したそうです。

  若い時ならいざ知らず高齢期に入ってから、永年の伴侶に離別を

申し出られることがどんなに辛いかは想像に難くありません。

  男性の多くは、伴侶と添い遂げ、奥さんより先に逝きたいと思っている

そうです。


長年の人生のパートナーと幸せな日々の内に、妻に看取られながら

人生を終える……。「男のロマン」ですね。