社長ブログ

「人生山あり谷あり」

2019/1/ 7 (月)

  脚本家の内館牧子著の「終わった人」(講談社刊)

という小説が注目されています。

これは、高学歴(東大法卒)で高職歴(メガバンク関連会社

の専務が最終)のシニアが、プライドを捨てられないまま

「退職後の自分の居場所探し」に苦悩する話です。


  「自分の思い通りに人生を送れる人なんてそうそうはいない。

世の中、そうは問屋がおろさない。現役のときいくらエリートと

言われても、肩書きも学歴も通用しなくなる“定年退職”を

迎えたとき、世間の厳しい扱いにどうもがくのか。

高すぎるプライドが邪魔になることもある。」ということを訴えて

います。


「人生山あり谷あり」ということでしょうか?