社長ブログ

「苦痛は進歩の母」

2019/1/15 (火)

  科学の世界では、「必要は発明の母」という言葉があります。

社会生活については、「苦痛は進歩の母」ということになって

いるようです。


  中国では、固定電話時代には通信線の整備が遅れて通信事情が

大変悪かったのですが、携帯電話時代が到来すると固定電話の不便が

逆に作用して一気にスマホの普及が進みました。今ではキャッシュレス

社会の最新国になっているそうです。


  翻って日本を見ると、固定電話網が全国に普及し、紙幣も綺麗で

偽物も少なく、余り不便を感じなかったため、キャッシュレス社会へ

の対応では少し後手に入っているようです。