社長ブログ

「亭主元気で留守がいい」

2019/1/16 (水)

   定年後もご主人が現役時代同様に自分勝手な行動や言動を

繰り返すと、さまざまなトラブルを招くことになってしまうようです。

それまでは多くても一日2回(朝と晩)の食事と洗濯、掃除、お風呂の

用意くらいですんでいたのが、ご主人が一日中家にいるようになると、

食べさす食事の回数も増えてしまいます。


  更に「あれはどうした」「これはどこだ」などと、のべつ幕なしに

言われたとしたらストレスもひどくなる一方です。

そして、とどのつまりは、ご主人がずっとご自宅にいることが精神的な

負担となって、「ご主人在宅ストレス症候群」などと呼ばれる病に

掛かってしまうこともあるようです。

  やっぱり、奥様にとっては、現役時代も定年後時代も「亭主元気で、

留守がいい」のでしょう。