社長ブログ

「心に染みた言葉」

2019/1/26 (土)

  もう30年近く前の中国駐在員時代は、単身赴任で

随分と寂しい思いをしました。

その時、相談に乗ってくれた恩人(残念ながら既に他界

されました)の言葉を今でも思い出します。

  単身赴任同士で仲良くさせて頂いていたその商社マンは、

私のアパートの前の部屋に住んでいました。

そして、ある日私を自宅に誘ってくれました。

当時も何かと理不尽な事が多かった中国で、東京本社で楽を

している同期の人と較べてぶつぶつ不満を言うと、こう諭してくれました。

 “人と自分を比較して、ものごとの価値を決める。そういう人生は

詰らないよ。人が経験出来ないことが経験出来る。そんな人生の

方がずっと素晴らしいじゃないか”。

   どんよりした気分を抱えているときにかけられた声は、心に染みた

ものでした。