社長ブログ

ある昼食風景

2019/1/29 (火)

  先日、出先で昼食をとろうとして通り道にあった(長崎ちゃんぽん)

リンガーハットに入りました。店に入るとカウンター形式の3人席の

一番右端の席に通されました。

  すでに左側には2人のサラリーマンが座っていました。

40代らしき上司と私の隣りには20代後半の部下が座っていました。

注文は済み、若い部下が発した“ここのちゃんぽんは、本当に美味

しいんですよ”の一言には、その人のワクワク感がにじみ出ていました。

暫くすると、先に大鉢入りの野菜たっぷりちゃんぽんが運ばれてきました。

上司は、店員に“ここに置いて!”と自分の前に置くことを指示、鉢が

置かれるやいなや、一気に食べ始めたのです。


   大鉢入りのちゃんぽんが半分ほどになった頃、小ぶりの鉢に入った

「ちゃんぽん+ご飯+餃子」がついたセットメニューが運ばれてきました。

ここで上司は“アッ”と小さく叫びました。

部下は“いいです、いいです”と苦笑いの後、すぐに悲しそうな表情に

変わってしまいました。

   食べ終わり、勘定となって先にレジに並んだ上司は、分の分しか

払いませんでした。部下は、食べたかった大盛りちゃんぽんを食べられず

、やむなく食べた「スモールちゃんぽん+白ご飯+餃子3個」の

ランチセットメニュー料金を支払っていました。