社長ブログ

『時代』

2019/2/14 (木)

  未だ寒い日が続きますが、もうすぐ桜の季節が到来します。

四季に恵まれた日本は、人生の変わり目を寿くように、

木々の花々や緑が一斉に移り替わります。


  そして、人生の変わり目に際し、昔から多くの人が詩や歌を

詠んできました。それらを振り返ってみると改めて「別れの詩」には

傑作が多いことに気がついたりもします。

  中でも中島みゆきの名曲『時代』の、

“めぐるめぐるよ 時代はめぐる 別れと出会いを繰り返し”は、

亡き妻が病床で口ずさでいた思い出の曲で心に染みてくる詩

です。


  そして、“今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ”

の部分は、聞くたびに元気が湧いて来るようです。