社長ブログ

帰りに一杯

2019/2/18 (月)

  サラリーマンの聖地(新橋)にある、とある焼鳥屋には、

日が暮れ始まる五時半頃の早い時間からネクタイ姿の

チョッとクタビレタ人たちがいそいそと集まって

くるそうです。

  もう出世街道を踏み外してしまった中高年の

窓際サラリーマンが会社帰りに一杯、ということでやって

くるのです。この人たち、アルコールが回ってくるにつれて、

いつも悪口大会を始めるそうです。

こういう場には絶対に出て来ない出世街道驀進中

の同期の人物評、会社のシステムの何が悪いか、

上司がいかに無能か、などなど会社のことを真剣に憂えて

いる風を装った当人たちの憂さ晴らし合戦の始まりです。

  この風景は、今も昔も変わらないようです。