社長ブログ

「負けてたまるか」

2019/3/19 (火)

 私が若いとき愛読したサラリーマン小説の大家である

源氏鶏太氏は、

「親友のない人ほどさみしいものはない」と氏のエッセイ集

に書いています。

また、別のところには、「サラリーマンは孤独である」とも

書いています。
 


  65歳に達し、やっと長いサラリーマン生活を終え、定年退職

を迎えたサラリーマンの中には、(私もそうでしたが)定年の祝杯を

ともに挙げてくれる友もなく、ひっそりと会社を去って行く人もいる

ようです。

 然しそういう人の中には、大勢の中でポツンと一人、友もなく、

趣味もなく、家族運も悪く、加えて職場では出世のチャンスもなかった

としても、キチンと最後まで勤め上げられた人も少なくありません。

きっと「負けてたまるか」という内に秘めた強い心を持っていたからでしょう。