社長ブログ

「企業戦士」の時代

2019/4/ 2 (火)

私達のサラリーマン時代は「24時間働けますか?」の

栄養ドリンク剤のコマーシャルが流れ、サライーマンは

「企業戦士」と言われていましたし、猛烈に働くことが

美徳ともされていました。


  だから、当時のサラリーマンたちには、“今に見ていろ!”、

“そのうち、出世してやる、社長になってやる!”といった

ガムシャラな思いもあったように思います。


  これに対し、「失われた20年」という「デフレ時代」に育った

今の若い人たちは、「親より豊かにはなれない」と思っている

人が多数を占めるそうです。

そんな時代だからでしょうか、若い人たちの中には社会との

繋がりにも関心を持たない人も増えているそうです。


  「時代」によるこんな違いが今の若い人たちの振舞いにも

現れてきているのかもしれません。