社長ブログ

「こころの定年

2019/4/ 9 (火)


最近は「こころの定年」という言葉をよく耳にするように

なりました。

「こころの定年」とは、元関西大学非常勤講師の評論家の

楠木新さんが提唱した概念で、「サラリーマンが、実際の定

年を迎えるより前に会社で働く意味を見失い、意欲を

喪失する状態」のことをいい、40代の男性が特に

陥りやすいそうです。

  「誰の役に立っているのか、このまま時間が流れていって

いいのだろうか」などと「社内での自分の価値に疑問を抱き、

自信を失ってくるにつれ、意欲も失ってくる」ことが原因の一つ

と言われています。


  最近は、心の問題から身体的なパフォーマンスにも影響

をしてしまうケースが増えて来ているようです。