社長ブログ

散り際の桜

2019/4/18 (木)

  春は「出会いと別れの季節」なんていいますが、それを強く

感じさせてくれるのは、ひとえに桜の存在があるからだと思います。

今年の東京の桜は、あっという間に満開となってあっという間に

散っていきました。

  ひらひらと花を落とす桜並木を歩いていると頭や身体に花が

舞い落ち、別れを惜しんでいるかのようでした。 

私が桜を最も美しく感じる瞬間は、この散り際です。

ひらひらと風に吹かれて舞い散って行く花びらは、

“いままで見てくれてありがとう。 でも今年はもう終わり、さ

ようなら!また、来年会いましょうね。”と別れを告げているかの

ようでした。


  私は、一年に一度の桜を見ることによって、昔一緒に愛でた人

への惜別の思いを募らせます。そして散っていく桜を見るたびに、

別れの切なさが心に染みこんで来ます。