社長ブログ

外国人との共生

2019/4/25 (木)

  日本への外国人観光客(インバウンド)の数が、増加しています。

外国人観光客といえば、量販店や免税店などにやってきて多く

のモノを買っていく「爆買い」が話題になった時期がありました。

  しかし最近は、外国人観光客の日本での過ごし方や滞在場所に

ある変化が現れているそうです。

 家族や夫婦など少数のグループが、日本人と同じ交通手段を

使って観光地以外の場所もあちこち動き回るようになったようです。


私の実感でも、毎日の通勤時などにゴロゴロとスーツケースを

引いた外国人が朝のラッシュ時にも乗り込んでくるようになりました。

以前は、見られなかった現象です。


  昨今は、日本人だけであった空間に、急速に外国人が入り込んで

きています。


 日本社会が外国人との共生を真剣に考える時代にはいって来ている

のかもしれません。