社長ブログ

夏の思い出

2019/6/18 (火)

   もうすぐ梅雨が明け、暑い夏が来ます。

毎年暑い夏が来ると、幼い頃、自宅前の焼け野原(戦争で

焼け落ちた工場跡)で、近所の洟垂れ小僧たちとチャンバラ

ゴッコをしたことをよく思い出します。

“あの頃も、夏は暑かった!”


  毎日、学校から帰ると直ぐに外に飛び出し、汗をダラダラ

垂らしながら近所の腕白たちとチャンバラゴッコで、棒切れを

振り回して遊びました。

そして心行くまで遊んだ後、家に帰ってからの母親が用意して

くれたタライの行水は冷たくて気持ち良かった!


  「夏の思い出」というと、私の頭に浮んでくるのはこんな

幼い頃の思い出です。