社長ブログ

高齢化

2019/6/22 (土)

  高齢者の交通事故がたびたび報道されて、世の中には

「高齢者は心身の老いを自覚して!」

と免許の自主返納を促すような風が吹いています。


  また、逆に人ホームなどでは認知症などの高齢者が虐待された

との報道も相次いでいます。

高齢化が進む日本では、高齢者に係る社会事象が大きな問題

となってきています。


 歳を重ねるとともに心身に現れる変化は徐々に進むので、

自分ではどれほど衰えたかは「認識の不感知」ということで

中々気が付きません。

  他方で久しぶりに会った知人については、その老けた姿を

見てびっくりすることがあります。