社長ブログ

「上司は辛いよ」

2019/7/25 (木)

 今は、パワハラやら○○ハラが厳しくて中々部下を

怒鳴るのは憚られるのですが、今でも、部下がミスをした時に、

つい“キレて”しまう上司はいます。

  そしてそういう上司は、怒る際に“なめているのか”とか“

何度言えば分かるのか”とかの刺激的な言葉を使いがちです。

そのため、怒られた部下も納得できずに言い訳や反論に転じて

議論に発展したり、中にはショックを受けた部下がメンタル不調に

陥って更なる問題につながってしまうことも少なくありません。


 そして場合によっては、注意をした上司がパワハラを行ったと

認定されて、処罰を受けたり、部下が会社をやめてしまって

その責任を追及されてしまったりするケースも出てきました。

実に「上司は辛いよ」の時代となってしまったようです