社長ブログ

「後悔すること」

2019/8/20 (火)

  私を支えてきてくれた妻が先立ってから、もう4年が

過ぎようとしています。

妻が不治の病に倒れた時、私は何の躊躇もなく妻の

希望通りに自宅で看護介護して、最後を看取ることとしました。


  夫婦になって43年。長いような短いような時間でした。

私は、「結局、妻には大したこともしてやれず、世話に

なりっぱなしのまま、あの世に旅立させてしまったなぁ」と

4年経った今でも思い出す度にいつも後悔しています。