社長ブログ

「他人の不幸は蜜の味」

2020/2/20 (木)

「他人の不幸は蜜の味」という言葉があります。

人が「他人の不幸を蜜の味」だと考えるのは、常に

自分の幸不幸を他人との比較によって確認しているためだ

と心理学の先生は喝破します。

自分だけをみて自分が幸福だと判断するほど自信のある人は

そう多くはないということでしょうか。

  人が、本音では「他人の不幸な話」を聞きたがるのは、多分、

「自分よりもっと」不幸な人の話を聞いて、「ああ自分はそこまで

不幸じゃないんだ」と安心したいのかもしれませんし、

「自分がまだその人より、恵まれていること」を再確認し、優越感

に浸りたいのかもしれません。


私も勿論、他人の不幸話が大好きです。